アニ漫まとめログ

アニメ、漫画などの伏線をまとめたサイトです。ネタバレも含まれているので、閲覧注意です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2019/12/08(日) 09:01:10.79 ID:toNp/bXx9.net
    ◆ 尾田栄一郎さん、アシスタントに超ネタバレするガバガバセキュリティだった

    画像:https://i.imgur.com/WM5KSQ4.jpg

    ☆記事内容を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい
    https://www.mudainodocument.com/articles/57779.html

    【『ONE PIECE』の尾田栄一郎さん、アシスタントに超ネタバレする人だった(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 牛丼 ★ 2019/12/03(火) 19:02:16 ID:IsI33HaC9.net
    日本のみならず、海外のサッカー少年にも大きな影響を与え続ける人気漫画『キャプテン翼』。昨年4月から約1年に渡って、現代風にアレンジされたアニメが放映されるなど、世代を超えて愛される名作スポーツ漫画だ。

     キャプテン翼の魅力、それはなんといっても作中に登場する“現実離れ”した超絶テクニックの数々。主人公の大空翼らが繰り出す、ありえないプレーは少年たちを熱狂させ、子供の頃にマネをしようと試みた人も少なくないはず。海外でも人気を誇る同作品だが、一方で「サッカーを知らない日本人だから、こんな作品を生み出せるんだ」と、かつてはサッカー不毛の地だった日本を揶揄されたこともあったという。

     その指摘は必ずしも的外れではなく、実際に作者の高橋陽一先生は高校時代までは軟式野球部に所属しており、サッカーは観戦するのが好きだった程度だったとのこと。だから、こんな“独創的”なものをサッカー漫画に取り入れられたのかと思いきや……。かつて高橋先生が書き下ろした『エース』という野球漫画も、なかなか“ぶっ飛んだ”作品となっているのは、皆さんご存知だろうか。

     まず、『エース』のストーリーを紹介しよう。主人公・相羽一八(あいば・かずや)は、もともとは野球一家に生まれたが、プロ入りも期待された叔父がライバルだった一八の父から目に死球を受け、失明してしまうという悲劇が起こる。父親もそのショックにより一時野球を離れていたが、情熱が抑えきれず野球界に復帰。だが、その初戦で金属バットに雷が落ち帰らぬ人となってしまった……。

     そんな悲劇の連続もあり、祖父からは「野球に呪われた血筋」として、野球を禁止され、一八は転向先の若宮小学校では当初は陸上部に所属していた。その後、人数が9人に満たない野球部から抑えきれなかった野球への気持ちを刺激され、野球部への入部を決断。そこからストーリーが展開していく。少し無理やりな部分もあるが、ここまでは、そこまで“ぶっ飛んだ”要素はない。

     ただ、主人公・一八を取り巻く他チームのライバルたちはとにかく濃い。一八が入部した若宮ファイターズは、負ければ野球部解散となる城東地区大会への参加を果たすのだが、一回戦で激突する領南バファローズの選手たちは強烈だ。

    続きまーす
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191203-00000007-sasahi-base

    【ぶっ飛び要素満載!キャプテン翼の作者が書いた「野球漫画」がやばかった!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: muffin ★ 2019/12/04(水) 12:11:27 ID:0xofXWCE9.net
    https://www.oricon.co.jp/news/2150131/full/
    2019-12-04

    人気漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(作者:和月伸宏)の初となる展覧会『るろうに剣心展』が、2020年4月より東京ドームシティGallery AaMoで開催されることが決定した。1994年に『週刊少年ジャンプ』で連載をスタートしてから、今年で作品誕生25周年を迎えることを記念して企画されたもので、直筆原稿やカラー原画などを展示していく。

    1994年4月から同誌で連載がスタートした同作は、幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客・主人公の緋村剣心が、明治維新後に「不殺(ころさず)の誓い」を掲げて、人を斬れぬ逆刃刀(さかばとう)を手に、仲間とともに人々を助ける姿を描いた物語。圧倒的な力を持ちながら、自らが犯した過ちに苦悩し成長する姿は、それまでの少年誌の主人公と異なる新しいヒーロー像として、当時の読者に鮮烈な印象を与えた。

    99年9月に完結したが、2017年より続編を『ジャンプスクエア』にて連載しており、今でも愛されている作品で、剣心が駆使する必殺技「飛天御剣流」のスピーディなバトルシーンと人の心に向き合う力強いストーリーは、テレビアニメ化(96年から98年)や実写映画化(12年、14年3部作 20年に新作公開予定)もされ幅広い世代から支持。全世界シリーズ累計発行部数7200万部以上(電子版含む)の発行部数を誇る人気作品となっている。

    世の中の価値観が大きく変わるなかで、時代の変化に苦しみつつも、自分の信念を貫き、幸せとは何かを模索し続ける主人公の剣心。現代の人々の有り様と何ら変わらない、人生の普遍的なテーマが作中に描かれており、平成から令和へと変遷する今の時代だからこそ、改めてこの物語をひもとき、次の時代へと読み継ぐべく『るろうに剣心展』が企画された。

    同展は、明治という新しい時代を背景に、剣心をはじめとした魅力的なキャラクターたちの姿を、かつてない規模の直筆原稿やカラー原画で展示し、『るろうに剣心』の世界に深く迫っていく。

    会期は20年4月24日から6月7日まで(会期中無休)で、チケットの発売時期や料金は追って発表される。なお、京都や新潟など日本各地での開催も計画している。

    https://ogre.natalie.mu/media/news/comic/2019/1203/rurounikenshinten.jpg

    【『るろうに剣心』初の展覧会、来年4月開催 誕生25周年記念で直筆原稿やカラー原画展示】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2019/12/06(金) 09:15:41 ID:0.net
    途中まで色々な伝説の剣(魔王剣、覇王剣)を手に入れたりして戦闘力がインフレ仕掛けたが最後はお互い木刀で勝負するとか青山天才かよ

    あと青山の短編四番サードもどんな球でも打てる魔法のバットを手に入れた主人公が最後は恋人からプレゼントされた普通のバットでホームラン打つとか青山天才かよ

    つまりコナンの最終回も最後は小五郎のおっちゃんが眠らずに自力で推理するパターンになるっぽい

    【YAIBAとかいうなんの欠点もないマンガww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: muffin ★ 2019/12/01(日) 11:29:38 ID:8kNztNNv9.net
    https://www.j-cast.com/2019/12/01373759.html
    2019/12/ 1

    「週刊少年ジャンプ」連載のマンガ「鬼滅の刃」のフィーバーが止まらない。2016年11月に連載開始した本作は、19年秋に好調だったアニメ放映が終わってからも期間限定のグッズフェアにはファンが殺到、ジャンプ本誌付録を求めて本誌売り切れが続出するなど、作品の勢いはとどまるところを知らない。

    ♦4~9月のアニメが引き金に
    「鬼滅の刃」は大正時代を舞台にした和風アクションコミックというべき作品。単行本は19年11月現在で17巻を数え、メディアミックスも4月~9月放映のアニメ、20年1月~2月の舞台版と好調だ。昨今の人気について集英社広報部はJ-CASTニュースの取材に対し11月20日、「主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)をはじめとする魅力的なキャラクターや、人と鬼が織りなす独特の世界観などで人気作品となりました。2019年4月からスタートしたテレビアニメの影響もあってさらに人気は高まっております」と回答、同社でも19年放映のアニメが一つの引き金になったと認識している。

    11月8日から17日にかけてに全国のジャンプショップで行われた「鬼滅の刃フェア・リターンズ」は、初日の11月8日からファンがジャンプショップに詰めかけ、少なくない混乱が生じたことはすでにJ-CASTニュースも報じたが、本作の人気を裏付けるような出来事はこれにとどまらない。

    11月11日発売の「ジャンプ」50号には、付録として「『鬼滅の刃』ゆるシール」を収録。登場人物がゆるキャラ風に描かれたシールが付録になっていたが、これを求めてジャンプが売り切れとなる書店も多く出た。

    ♦既刊すら入手困難
    単行本も今や入手困難なほどで、10月4日発売開始の17巻は全国の書店で完売が続出、また12月5日発売開始予定の単行本18巻についても初版だけで100万部の発行が決定。 集英社によれば、これにより単行本累計発行部数は2500万部(電子版含む)を突破する見込みだ。9月時点の同社調べでは累計1200万部(同)だったので、わずか2か月で2倍以上に達するブームとなっている。

    発行部数のデータだけでなく、ネット上のファンの声なども人気を裏付けている。 「単行本が最新刊以外完売してた」「近所の本屋全てまわったけど全滅」「アニメイトも漫画全巻完売、グッズほぼ売り切れ...」などのファンの感想がツイッターに投稿されている。

    実際マンガ・アニメとその関連グッズを多数取り扱っているアニメイトでも、立川店(東京都)のツイッターアカウントが11月下旬現在「鬼滅の刃のグッズ入荷してもすぐに完売しちゃうのおおおおおおおお!!!!!!」とプロフィール欄で呼びかけており、供給が追いつかない状況をうかがわせる。

    全文はソースをご覧ください

    https://www.j-cast.com/assets_c/2019/11/news_20191127185209-thumb-645xauto-168902.jpg

    【「グッズ入荷してもすぐに完売しちゃうのおおお...」 アニメが引き金で「鬼滅の刃」人気が加速中】の続きを読む

    このページのトップヘ