アニ漫伏線・考察まとめログ

アニメ、漫画などの伏線をまとめたサイトです。ネタバレも含まれているので、閲覧注意です。

    616 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい[] 投稿日:2013/08/24(土) 08:39:58.47 ID:6wVch/dj0
    ビックマム→ローラの母
    シャンクス→お友達
    カイドウ→トラ男と入れ替わり
    白鬚→るひぃと入れ替わり


    尾田なら四皇同盟とかやりかねんな
    【ビックマム→ローラの母】の続きを読む

    610 名前: ◆0sJrd0fFKBsQ [sage] 投稿日:2013/08/22(木) 04:01:30.58 ID:F5et5Lx20
    ■妄想1 古代兵器と古代人について
    ・前提
    まず、空白の100年において、便宜的に人々を2通りのグループに分けよう。
    一つは空白の100年以前に暮らしていた古代人。言うなれば穏便派。古代兵器を作る側の人間。
    もう一つは、古代人の中から生じ、やがて現在の世界政府の元となる人々(元々の古代人と区別してAと呼ぶ)。言うなれば過激派。

    古代兵器を作った目的はおそらく、世界政府(A)を滅ぼすためor人間の世界をリセットするため。
    (個人的には壊れない石も古代兵器のような気がするんだけどなぁ。世界政府にとって十分脅威だし
    ラフテルには山ほどの壊れない石があるのかなーなんて、おもったり)

    ・説明
    Dの意思を持つ=(おそらく)古代人の血を引く者であるロジャーが「万物の声が聞けた」ことや同じくDを持つルフィが海王類のこえを一瞬聞けたこと、
    それから古代兵器ポセイドン=しらほしが海王類と意思疎通し従える?能力であることから
    空白の100年以前において、古代人は自然と非常に親密に暮らし、平和な世の中だったことが伺える。
    しかし文明の発達とともに古代人の中に自然の声を無視し私利私欲にまみれたAなる輩が増え、Aと古代人に対立が生まれ激しい闘いとなった。
    争いの中で古代人は和解を望んだ。しかしAは古代人の滅亡ばかりを望んだ。必然、古代人は消えゆく一方に。
    戦いの最中、古代人は古代兵器を”然るべく時に機能するよう”仕組んだ。その目的は前述のとおり、”世界を(古代人がそう望むよう)あるべき姿に戻す=リセットする”ことであろう。
    古代人すべてが滅ぼされたわけではないが、戦争はAに非常に有利に進んだ。
    そんで戦争にだいたい勝利した。晴れてAは世界の統治者となった。
    そんで後の空白の100年と呼ばれる期間において、「古代人たちが生きていた歴史」をなかったものにしようとした。
    自らが起こした残虐なる戦争とかを塗りつぶそうとしたんだ。
    そしてこの真実が世にもれぬよう、Aは自らを「世界政府」と名乗り「海軍」を組織し世界の支配をはじめた------→現在へ続く。
    しかしこの話のミソは、古代兵器は自然と対話ができなくなったA(世界政府)には抑止不可能なものであったというところ。
    海軍にとっては兵器の存在さえあやふだ、のような描写も散見するね。だから今なお古代兵器を恐れている。
    【妄想1 古代兵器と古代人について】の続きを読む

    607 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい[sage] 投稿日:2013/08/19(月) 15:33:59.53 ID:lnBP4oIZ0
    ポセイドンはルフィに
    プルトンは黒ひげに
    ウラヌスはドフラに

    こ三つの古代兵器を交えた戦争が今のカイドウとビッグマムが退場したあとに起こる。
    【ポセイドンはルフィに】の続きを読む

    602 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい[] 投稿日:2013/08/17(土) 10:26:13.83 ID:WlONfqul0
    天竜人

    世界(星)を滅ぼす程の力(兵器か何か)を持った奴ら


    五老星や世界政府の幹部

    天竜人に抵抗をすれば世界(星)を滅ぼされると言う恐ろしさを知っている奴ら
    逆に言えば天竜人に抵抗しない事がこの星の平和維持(正義)だと思っている
    だから中途半端な力を持つ抵抗勢力(海賊や革命軍)を潰そうとしている

    でも本当は天竜人を倒したい

    最後は・・・
    海の王(グランドラインを制覇して世界の海賊をまとめ上げたまさに海賊王)になったルフィーと
    陸上の抵抗勢力の頂点に立つドラゴンと力を合わせて天竜人を倒す

    Dの意志(世界の夜明けを望む意志=支配からの解放)で世界が一丸となる

    これがワンピース!

    終わり
    【天竜人】の続きを読む

    このページのトップヘ