1: 牛丼 ★ 2019/12/03(火) 19:02:16 ID:IsI33HaC9.net
日本のみならず、海外のサッカー少年にも大きな影響を与え続ける人気漫画『キャプテン翼』。昨年4月から約1年に渡って、現代風にアレンジされたアニメが放映されるなど、世代を超えて愛される名作スポーツ漫画だ。

 キャプテン翼の魅力、それはなんといっても作中に登場する“現実離れ”した超絶テクニックの数々。主人公の大空翼らが繰り出す、ありえないプレーは少年たちを熱狂させ、子供の頃にマネをしようと試みた人も少なくないはず。海外でも人気を誇る同作品だが、一方で「サッカーを知らない日本人だから、こんな作品を生み出せるんだ」と、かつてはサッカー不毛の地だった日本を揶揄されたこともあったという。

 その指摘は必ずしも的外れではなく、実際に作者の高橋陽一先生は高校時代までは軟式野球部に所属しており、サッカーは観戦するのが好きだった程度だったとのこと。だから、こんな“独創的”なものをサッカー漫画に取り入れられたのかと思いきや……。かつて高橋先生が書き下ろした『エース』という野球漫画も、なかなか“ぶっ飛んだ”作品となっているのは、皆さんご存知だろうか。

 まず、『エース』のストーリーを紹介しよう。主人公・相羽一八(あいば・かずや)は、もともとは野球一家に生まれたが、プロ入りも期待された叔父がライバルだった一八の父から目に死球を受け、失明してしまうという悲劇が起こる。父親もそのショックにより一時野球を離れていたが、情熱が抑えきれず野球界に復帰。だが、その初戦で金属バットに雷が落ち帰らぬ人となってしまった……。

 そんな悲劇の連続もあり、祖父からは「野球に呪われた血筋」として、野球を禁止され、一八は転向先の若宮小学校では当初は陸上部に所属していた。その後、人数が9人に満たない野球部から抑えきれなかった野球への気持ちを刺激され、野球部への入部を決断。そこからストーリーが展開していく。少し無理やりな部分もあるが、ここまでは、そこまで“ぶっ飛んだ”要素はない。

 ただ、主人公・一八を取り巻く他チームのライバルたちはとにかく濃い。一八が入部した若宮ファイターズは、負ければ野球部解散となる城東地区大会への参加を果たすのだが、一回戦で激突する領南バファローズの選手たちは強烈だ。

続きまーす
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191203-00000007-sasahi-base

2: 名無しさん@恐縮です 2019/12/03(火) 19:02:38 ID:z7Bl1/El0.net
はよせいや

3: 名無しさん@恐縮です 2019/12/03(火) 19:03:17 ID:0wEMp0ED0.net
酒好きのピッチャーとかいたよな

4: 牛丼 ★ 2019/12/03(火) 19:03:27 ID:IsI33HaC9.net
>>1 続き

バファローズは前年の城東大会で準優勝を果たした強豪で、チームカラーは「猛牛爆裂打線」と呼ばれる強力な打撃。特に5番を任される牛山牛太郎(うしやま・ぎゅうたろう)は小学生とは思えぬ巨体、牛の角のようなヘアスタイル(ヘルメット装着時も角部分は露出)、「うっしししし」と笑う姿など非常に印象に残るキャラクターである。

 一八が所属するファイターズとの対戦では、試合の途中からマウンドに上がった一八と対戦し、空振りを奪われ激怒。怒り爆発でユニフォームを破き、上半身裸の状態で立ち向かうも、あえなく三振となった。チームは初戦敗退となったが、2打席連続ホームラン、強烈なスイングでボールを破壊するなど、圧倒的なパワーを見せつけた。

 続いて印象に残るのは、準々決勝で対戦した浅香エンゼルスの酒井光次郎(さかい・みつじろう)だ。なんといってもこのキャラの特徴は、小学生なのに「飲酒」をしている点。お酒を飲み始めるキッカケとなったのは、幼少時代に誤って飲酒してしまったことから。その際、「お酒の味が分かる」という理由で、光次郎が気に入った商品を実家の「酒井酒造」が販売したところ、それがものの見事にヒット。その後は商品開発のたびに、必ず会社の大人たちが光次郎の“チェック”を仰ぎ、ビジネスは成功するのであった。

 最初の登場も、木の上でお酒を飲むシーンから始まり、通称も「よいどれ天使スラッガー」とユニークなもの。だが、打撃力を含め野球センスは相当なもので、城東地区の大会で初めて一八からホームランを放った男でもある。

 一方で、若宮ファイターズとの対戦ではチャンスで一八に三振に切って取られる場面もあり、悔しさから小学生にして「酒断ち」を宣言。そこで、光次郎の飲酒に手を焼いていたエンゼルスの監督は、「お酒の中に含まれるアルコールは、人の判断力や反射神経を極度に鈍らせる効果がある」と、初めてお酒の負の面を説明するなど、周りの大人が飲酒小学生にやたら甘いのが気になるところだ。

5: 名無しさん@恐縮です 2019/12/03(火) 19:04:06.57 ID:99FYesup0.net
ボクシングマンガもあったな

6: 牛丼 ★ 2019/12/03(火) 19:04:16.39 ID:IsI33HaC9.net
>>1 続き

そんな周囲にいる大人たちの“寛容”な姿勢もあってか、光次郎は試合中にエンゼルスの女性部員のお尻を触り、外野に隠し持っていたビールを飲むなど、やりたい放題。そんな自由気ままな振る舞いの傍ら、試合の最終回に一打逆転の好機に打席が回ってくると、「熱血少年マンガ」っぽい展開になったと自ら言ってしまうほど自身を“客観視”できている場面もあった。

 その後、準決勝では小学生だけで結成した「台場ダーティドラゴンズ」と対戦。野茂英雄のトルネード投法、村田兆治のマサカリ投法をミックスした「ドラゴンフライ」を必殺技に持つ間崎竜(かんざき・りゅう)との激闘は読者を圧倒した。また、一八の父の投球によって失明となった叔父にさらわれた双子の弟・二三八(ふみや)というキャラが突然登場したりと、最後まで読者をハラハラさせる展開が続いた。

 その後のストーリーがどうなるものか非常に気になるところだったが、残念ながら打ち切りとなってしまったようで、全9巻で終了となった。同作品は基本的には普通の少年野球漫画ではあるのだが、時折力任せの“高橋陽一イズム”が含まれており、読者を飽きさせない。ぜひ、シーズンオフで野球が恋しくなるこの時期に読んでみるのはいかがだろうか。
終わり。

7: 名無しさん@恐縮です 2019/12/03(火) 19:04:30.54 ID:zJJbOXYr0.net
ピッチャー返しで合法的に殺人する小学生

8: 名無しさん@恐縮です 2019/12/03(火) 19:04:35.23 ID:gRS8NJ8f0.net
登場人物が20等身な時点で既に

9: 名無しさん@恐縮です 2019/12/03(火) 19:04:39.83 ID:ISEkoe5M0.net
お爺さんが刀をバット代わりに
使ってたよなw

11: 名無しさん@恐縮です 2019/12/03(火) 19:05:15.36 ID:+chaicoq0.net
テニス漫画も

12: 名無しさん@恐縮です 2019/12/03(火) 19:05:34.68 ID:as4QNjWR0.net
なぜか1巻だけ買ってしまった

13: 名無しさん@恐縮です 2019/12/03(火) 19:05:39.15 ID:oVceJczx0.net
キャプテン翼だってぶっ飛んでるだろゴールポスト蹴ってどこまでぶっ飛んでんだよ

14: 名無しさん@恐縮です 2019/12/03(火) 19:06:02 ID:3ELrCvkw0.net
スキーのジャンプも描いてたような

18: 名無しさん@恐縮です 2019/12/03(火) 19:07:34.04 ID:+chaicoq0.net
>>14
秀逸な読み切りだったな
愛読者賞かなんかだっけ

15: 名無しさん@恐縮です 2019/12/03(火) 19:06:24 ID:xaSN3Vdg0.net
スカイラブハリケーンでホームランボールをキャッチや

16: 名無しさん@恐縮です 2019/12/03(火) 19:06:58.00 ID:ISEkoe5M0.net
とりあえず、打ち切り漫画ネタの
ほうが盛り上がる。
メタルKは名作w

17: 名無しさん@恐縮です 2019/12/03(火) 19:07:19.83 ID:bZTUZ7tu0.net
この漫画家の頭身で野球漫画描いたら、全員大谷になるやん

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575367336/