アニ漫まとめログ

アニメ、漫画などの伏線をまとめたサイトです。ネタバレも含まれているので、閲覧注意です。

    2020年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: コロコロコロナちゃん ★ 2020/07/18(土) 16:41:50.94 ID:9azwYRag9.net
    ニュース
    2020年7月18日
    「おジャ魔女どれみ」公式Twitterがプリキュアとのコラボを告知しネットざわつく 「なにごと?!」「マジか!」「やっば!!」

    「おジャ魔女どれみ」20周年記念公式Twitterアカウントが、「ヒーリングっど プリキュア」とのコラボを示唆
    まさかのコラボにネットざわつく
    7月19日放送の「ヒーリングっど プリキュア」第16話
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/2007/18/news034_0.html

    【「おジャ魔女どれみ」公式Twitterがプリキュアとのコラボを告知しネットざわつく 「なにごと?!」「マジか!」「やっば!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2020/07/19(日) 09:33:25.80 0.net
    倒す展開になったら四皇より強い最強の存在になるじゃん

    【ルフィってカイドウとビッグマム倒せるのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: muffin ★ 2020/07/19(日) 20:17:53.30 ID:CAP_USER9.net
    https://futabanet.jp/articles/-/81612?page=1
    2020.07.19

    2001年のアニメ化以来、2度目のアニメ化で人気を集めているアニメ『フルーツバスケット』。『妖怪人間ベム』を3度目のアニメとして蘇らせた『BEM』。
    そして、今年10月から放送されることが話題となった『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』など、名作の“リメイク、リブート”がアニメ界のブームとなっている。
    そこで今回は、数ある名作アニメを生んだ1980年代の『週刊少年ジャンプ』(集英社)にスポットを当て、「もう一度アニメ化してほしい作品」について調査。
    30代と40代の男女200名を対象にアンケートを実施した。(アンケートサイト「ボイスノート」調べ)

    1位 「Dr.スランプ」・鳥山明
    2位 「北斗の拳」・武論尊 原哲夫
    3位 「シティーハンター」・北条司
    4位 「ドラゴンボール」・鳥山明
    5位 「キン肉マン」・ゆでたまご
    6位 「キャッツ・アイ」・北条司
    7位 「聖闘士星矢」・車田正美
    8位 「ハイスクール奇面組」・新沢基栄
    9位 「きまぐれオレンジロード」・まつもと泉
    10位「 ついでにとんちんかん」・えんどコイチ

    ■現代の声優で「んちゃ!」を聞いてみたい!
    栄えある第1位となったのは『Dr.スランプ』。『ドラゴンボール』と並ぶ鳥山明氏の代表作で、原作は1980年から1984年の間に『週刊少年ジャンプ』で連載。1981年から1986年2月19日まで『Dr.スランプ アラレちゃん』というタイトルでフジテレビ系の水曜19時枠でアニメ化。最終回翌週の2月26日から同枠でスタートした『ドラゴンボール』にバトンタッチ。1997年11月19日のアニメ『ドラゴンボールGT』の最終回後、再び同枠で『ドクタースランプ』としてアニメ化された。

    主人公は、則巻千兵衛(のりまき・せんべえ)博士が開発したロボットの女の子アラレちゃん。アニメでは声優の小山茉美により「んちゃ!」「うほほーい」「バイちゃ!」「キーーーン!」などなど、原作の独特な『アラレ語』がよりいっそうかわいらしく表現され人気を集めた。

    全文はソースをご覧ください

    https://futabanet.ismcdn.jp/mwimgs/9/6/728wm/img_9611690df45de37811f6196d739f5dde647914.png

    【80年代『週刊少年ジャンプ』再アニメ化してほしい漫画ランキング 3位「シティーハンター」 2位「北斗の拳」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2020/07/14(火) 20:34:20.41 0
    「鬼滅の刃」でおなじみのデザインを集英社が商標出願!

    集英社は6月24日付けで、「鬼滅の刃」に登場するデザインの商標を出願したことが明らかになった。
     商標出願された「鬼滅の刃」に関連するデザインは合計で6種類。
    主に作中に登場するキャラクターたちが身につける羽織の柄となっており、
    主人公の竈門炭治郎のトレードマークともいえる黒と緑の柄や、竈門禰豆子のピンク色の柄、
    我妻善逸の黄色に白い三角形がデザインされた柄など6つが出願されている。
    これらの商標の出願情報は、特許情報プラットフォーム「J-PlatPat」などで確認できる。
    https://game.watch.impress.co.jp/img/gmw/docs/1265/178/1_l.jpg
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1265178.html

    【鬼滅の刃の集英社が緑と黒の市松模様を商標出願してしまう!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 湛然 ★ 2020/07/19(日) 05:17:10.17 ID:wHRk2Z3+9.net
    キアヌ・リーブス、漫画家デビューへ アメコミ大手とタッグ、編集長は早くもキアヌに“心酔”
    7/18(土) 13:58 ENCOUNT
    ハイパーバイオレント漫画「BRZRKR」の原作を現在執筆中、米地元紙が報道
    https://news.yahoo.co.jp/articles/57672dfc11ad769a914af51fc47903995d2e7067
    キアヌ・リーブス【写真:Getty Images】
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200718-00010016-encount-000-1-view.jpg


     映画「マトリックス」などで有名な米人気俳優キアヌ・リーブスが漫画家デビューを果たすことが明らかになった。米地元紙「USAトゥデー」が報じている。

     親日家として有名なキアヌが新たなフィールドに進出する。ハイパーバイオレント漫画「BRZRKR」の原作を現在執筆中で、アメコミ大手「ブーム!スタジオ」から10月7日に発売開始の予定であることを明らかにしている。

     気になるストーリーは自らの存在を秘密にするための代償として、米政府から危険な仕事を請け負う戦士の活躍を描いており、数世紀を生き抜いた不老の主人公はキアヌそっくりのキャラクターデザインになっているという。

    「(共同原作者と)しょっちゅうスカイプ(Skype)をしているんだ。すごくワクワクしているよ。ものすごい展開がある興味深いストーリーだ」とスーパースターは漫画デビューに語っていたという。

    「ブーム!スタジオ」のマット・ギャノン編集長は「最高にクールだよ。キアヌと5分、一緒にいただけで、なぜここまでの成功を短期間で成し遂げられたのかすぐに理解できたんだ」と早くも心酔していたという。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【キアヌ・リーブス、漫画家デビューへ アメコミ大手とタッグ、編集長は早くもキアヌに“心酔”】の続きを読む

    このページのトップヘ