アニ漫まとめログ

アニメ、漫画などの伏線をまとめたサイトです。ネタバレも含まれているので、閲覧注意です。

    ジャンプ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: muffin ★ 2019/12/13(金) 13:18:20.49 ID:acIsOlEs9.net
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/12/13/0012956311.shtml
    2019.12.13

     タレントの椿鬼奴が13日、日本テレビ系「スッキリ」で、週刊少年ジャンプで連載の大人気漫画「鬼滅の刃」への愛を存分に語った。

     番組では、社会現象ともなっている「鬼滅の刃」について特集。16年からジャンプで連載されている吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)氏の漫画で、人を食う鬼があふれる大正時代が舞台。家族を殺され、妹を鬼にされた主人公・竈門炭次郎が鬼退治に行くというバトル漫画だ。

     この漫画の大ファンとして知られるのが鬼奴。8日に放送された日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」でも、水に飛び込む恐怖を克服しようと「水の呼吸、水の呼吸、弐ノ型」などとつぶやいていたことが話題となった。

     改めて鬼奴は番組のインタビューに応じ「酒の呼吸の使い手、酒柱椿鬼奴です」と自己紹介。連載当初からのファンだといい「私のバイブル。1話目からめちゃめちゃ面白い」と前のめりで訴えた。

     何が鬼奴を夢中にさせるのか?その理由について「ジャンプ史上、一番優しい主人公じゃないかと思う」とキッパリ。「やっぱりどこか強さ求めるとか、欲があるんですよね、主役の人って。自分を殺してでもっていうタイプはあまりいなかった。目の前の人のために何でも行動するっていうのが炭次郎なんです」と語ると「はかりしれなく優しいところに、すごい感動する」と主張した。

     炭次郎は「目の前の鬼にも同情する」ほど優しい気持ちを持っているといい「困ったとき、辛いときは、鬼滅のことを思い出して乗り越えるようにしています」「炭次郎みたいになりたいなって思って」とコメント。鬼奴の生きる指針となっているようだった。

    【椿鬼奴「鬼滅の刃」愛を語る 「ジャンプ史上一番優しい主人公じゃないか…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: muffin ★ 2019/12/13(金) 19:39:56 ID:acIsOlEs9.net
    https://www.narinari.com/Nd/20191257531.html
    2019/12/13

    お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(50歳)が、12月13日に放送された情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に出演。人気マンガ「鬼滅の刃」を娘に勧められて「全巻読んでいる。面白いよね」と語った。

    加藤は「マンガでいう引っ張りというのがあんまりなくて、展開がすごく速い。自分の推しが決められる部分と、鬼と呼ばれる敵のバックボーンがちゃんと描かれている。今、とんでもないクライマックスに入ってるんですよ」と自身の分析を披露。

    また、加藤は娘から誰推しか聞かれるそうだが、「推しとかはないのよ。ストーリーとして読んでいるから。ラグビーに近いと思ってる」と独自の楽しみ方を語った。

    https://cdn.narinari.com/site_img/photox/201912/13/20191213025.jpg

    【加藤浩次「鬼滅の刃、全巻読んでる。面白い。引っ張りがあんまりなくて展開がすごく速い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: muffin ★ 2019/12/04(水) 12:08:38.62 ID:0xofXWCE9.net
    https://www.oricon.co.jp/news/2150189/full/
    2019-12-04

    2019年に「Yahoo!」での検索数が前年に比べ最も上昇した人物・作品・製品などを表彰するアワード『Yahoo!検索大賞2019』の発表会が4日、都内で開催。人気漫画『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎氏が、作家部門賞を受賞し「僕が最も検索しないワードです!!だってこわい!でもありがとう!!!」と直筆メッセージを寄せた。

    今回の受賞理由は、1月にテレビ番組「ホンマでっか!?TV」内で自宅を公開し、検索数が急上昇したことから。9月にYouTuberのFischer'sが自宅を訪問した際、漫画の最終回について言及したことでも話題になったことがあげられた。

    尾田氏は原稿執筆のため出席できなかったが、『週刊少年ジャンプ』編集部の中野博之編集長が代理で出席。同誌で連載中の漫画が原作のテレビアニメ『鬼滅の刃』が、カルチャーカテゴリー・アニメ部門を受賞したこともあって、現在のジャンプ作品について聞かれると「アニメ部門の『鬼滅の刃』、『ワンピース』が絶好調。話題作がいっぱいあります」と説明。

    最終回について言及した『ONE PIECE』については、終わらすタイミングは難しいとし「ワンピースは集英社的には永遠に続いてほしい」と本音を語り「来年も検索してもらいたい」と呼びかけた。

    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20191204/2150189_201912040944640001575428679c.jpg
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20191204/2150189_201912040945127001575428679c.jpg


    関連
    『ONE PIECE』完結まで「あと5年」カウントダウンはじまる
    https://www.oricon.co.jp/news/2148735/full/

    【完結まであと5年の『ONE PIECE』、ジャンプ編集長「ワンピースは集英社的には永遠に続いてほしい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2019/12/09(月) 10:22:46 ID:W2WTeEIi9.net
    先週発表された「Yahoo!検索大賞2019」にて、アニメ部門賞を受賞した「鬼滅の刃」。注目作だけあって、漫画好きやアニメ好きの方はもちろん、そうでない人もその名前や評判を耳にすることがあったのではないでしょうか。

    2019年も数々の話題作があった中で見事今年の顔に輝いた本作ですが、その盛り上がり方には ある特徴が見受けられました。

    ■「鬼滅の刃」とは

    「鬼滅の刃」とは、週刊少年ジャンプで連載中の、吾峠呼世晴氏による漫画原作の作品です。

    人を喰う「鬼」の棲む大正時代を舞台に、鬼にされた妹を人間に戻すため、鬼狩りの組織に入った主人公が、仲間と共に、元凶である「最初の鬼」に立ち向かう”和風剣戟奇譚”となっています。

    今年4月から9月に渡って放送されたアニメは、原作に裏打ちされた魅力的な物語やキャラクター、映像ならではの迫力のアクションシーンや情緒溢れる音響などが総合的に好評を得て、大いに話題となりました。

    アニメの評判を受け、昨年250万部ほどだった原作漫画の累計発行部数は現在2500万部を突破、先日発表された「ネット流行語100 2019」でも、ノミネート100単語の多くを本作の関連用語が占めるなど、その盛り上がりは随所で散見されています。

    ■盛り上がり方の特徴

    そんな本作の盛り上がりには、近年の話題作とは違った特徴があったのも印象的でした。

    それは瞬発的に”バズ”ったり、いわゆる”覇権アニメ”と呼ばれるのではなく、長い時間をかけて着実に人気が広がり、放送終了後もなお右肩上がりの盛り上がりをみせていることです。

    あくまで独断と偏見によるイメージですが、その盛り上がりを比較すると以下の図のようになると思います。

    今回「鬼滅の刃」がこのような盛り上がり方をみせたのには、アニメ化前から一定数の根強い原作ファンがいたことと、アニメが全26話の2クール制であったことが大きかったのではないでしょうか。

    本作はそのために、例えば同じく今年の話題作であった「プロメア」のような”ゼロからの爆発的な盛り上がり”とも異なり、アニメをみた元々のファン層から”長いスパンをかけて徐々に”人気が増していったように思うのです。

    実際、アニメ放送前の特別上映「鬼滅の刃 兄妹の絆」(アニメ1話から5話の劇場先行上映)が好評につき上映延長されるなど放送前から根強い人気はあったものの、本作が今に至るまでの盛り上がりを見せるようになったのは、1クール目終盤の夏頃からだったと記憶しています。

    以降、上記の図のようにアニメの評判は原作ファン以外にまで浸透し、登場キャラが増えるにしたがって夏コミ前後からコスプレ人口やファン創作も爆発的に増え、2クール目終盤にはアニメ・漫画ファン以外にまでその人気が広がり、放送終了後の現在もなお、その盛り上がりは右肩上がりとなっているのです。

    こうして長い時間をかけてじわじわと着実に人気を高め、3月ごろからのおおよそ一年間、常に話題になっていたことで、例えばこれも同じ今年の話題作であった「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム」や「名探偵コナン 紺青の拳」、「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」さえ抑えて、こうして”今年のアニメの顔”として本作が選ばれたのだと思います。

    ■あの作品との類似点と相違点

    こうした「鬼滅の刃」の盛り上がり方には、2013年に初のアニメシリーズが放送された「進撃の巨人」を思い出す人も多いのではないでしょうか。

    確かに、アニメ化前から一定の根強いファンがいて、アニメの評判をきっかけに原作未読のアニメファンや漫画ファン、更にはそれ以外の人々にまで人気を広げた点や、アニメ放送終了後に続きを知りたい人々によって原作漫画が爆発的に売れている(>>>1�点、主題歌アーティストがその年の紅白歌合戦に出場する点など、その盛り上がりには多くの共通点が見受けられます。

    >>>1「鬼滅の刃」原作漫画は、アニメ放送終了直後に1200万部だった累計発行部数が放送終了後3か月を経た現在倍の2500万部を突破している

    以下ソース先で

    TVアニメ「鬼滅の刃」第3弾PV 那田蜘蛛山 7月13日開幕
    https://www.youtube.com/watch?v=exYMfwuOP5c&feature=emb_title



    12/9(月) 8:00
    https://news.yahoo.co.jp/byline/koarairyo/20191209-00154183/

    【”2019年の顔”となったアニメ「鬼滅の刃」とは…近年稀にみる盛り上がり方の特徴】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2019/12/08(日) 09:01:10.79 ID:toNp/bXx9.net
    ◆ 尾田栄一郎さん、アシスタントに超ネタバレするガバガバセキュリティだった

    画像:https://i.imgur.com/WM5KSQ4.jpg

    ☆記事内容を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい
    https://www.mudainodocument.com/articles/57779.html

    【『ONE PIECE』の尾田栄一郎さん、アシスタントに超ネタバレする人だった(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ