アニ漫伏線・考察まとめログ

アニメ、漫画などの伏線をまとめたサイトです。ネタバレも含まれているので、閲覧注意です。

    マガジン

    1: 47の素敵な 2017/10/29(日) 09:33:22.19 ID:76Dhnz2Ca.net

    【【悲報】カイジのスピンオフ『ハンチョウ』、名古屋をディスる 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/10/11(水) 08:49:29.56 0.net
    休載と減ページと壊れてる壊れてるループばかり

    マジバレ
    一歩怒涛のラッシュでゲバラを中央からコーナー側に後退させる。

    篠田「今日の幕之内はやけにオンオフがハッキリしていますね」
    八木「確かに・・・でも」「打たれてスイッチが入ることは初期の頃からよくあった」「そして逆転KOしてくれたんだ」

    鴨ジイ(心の中で)「ー違う4回戦の頃の小僧ではない」「今や世界ランカーじゃ」

    一歩、ゲバラをコーナー直前まで追いついめる。

    鴨ジイ「何かが違う」
    宮田「-ずっと・・・」「ずっとお前を見てきた」「圧倒的な攻撃力は時にワイルドだが しかしー」
    「拳は常にアゴに置き」「パンチの軌道は外ではなく中からだった」「胸を開急所丸出しその打ち方はなんだ?」「カウンターをおねだりしているのか?」
    鴨ジイ「ワシの教えたボクシングでは ない!」
    (略)
    宮田「この試合・・・始まった時から違和感があった」「従来のお前ではなかった」
    鴨ジイ「どうして教えたコトをやらん?」「いや・・・・」「できないのか?」
    宮田「もしかしたらこの試合より前から・・・・」

    一歩再びゲバラをコーナーに押し込む

    八木「ようしっ完全にスイッチ入った!」「そのまま押し切れ〜〜っ」
    鴨ジイ「スイッチ?」
    猫田のパンドラ経験談を思い出す。猫田「ースイッチさ オンになったりオフになったり」
    鴨ジイ「まさか・・・・」「まさか・・・・」
    一歩のラッシュしている姿を見て疑惑を払拭しようとするもパンドラ疑惑の頃を思い出す。

    回想 鷹村「うすうす そうじゃねえかとおもっていたが・・・・」猫田「記憶も曖昧な時さある」「けんど その時はわかっとらん」鷹村「よけているつもりだったんじゃねえか?」

    鴨ジイ、インターバルでの一歩を思い返す。一歩「よけているつもりのパンチをもらっちゃいます」「ダウン・・・・てそんなに酷かったんですか?」

    鴨ジイ「あの表情は 記憶を探しておったのか?」「一体・・・・この試合中 何度意識を失った?」
    再度パンドラ疑惑の頃を思い出し、猿のトレーナーの言葉を思い出す。「キミ達は いつか不幸にナル」

    一歩コーナーに追い詰めたゲバラに新型を出そうとする。ゲバラ反撃のパンチを出そうとする。
    一歩「来るっ よけろ!」「よけて ここで新型を出す!」
    青木「前足が外側にある」板垣「今度は絡まない」
    ゲバラの右フックが一歩の側頭部をカスめる。しかし浅い。一歩捻りながら低い体勢。
    青木&板垣「よっしゃっあっ」「出せえっ新型ーー!!」

    一歩 見開きでヒザをつく

    レフェリー戸惑いながらダウンカウントをとる

    板垣「ウソだ」「ウソだウソだ」

    間柴「モロすぎる」千堂「言わんでええ」間柴「南雲にやられたのはフロックじゃなかった」
    千堂「言わんでええゆうとるやろ!」千堂、鷹村のセリフ「一歩は弱くなっていたろう?」を思い出す。

    鴨ジイ「小僧・・・・」
    「キサマ・・・・」

    「壊れとるのか?」

    宮田マス席で立ちあがり「幕の内・・・・」「お前・・・・」「一体何を見せるつもりだったんだ!?」「なんだそのザマは!?」「幕之内---っ!?」

    次号に続く。

    【今週のはじめの一歩の展開が糞すぎる件 壊れてる?→壊れてない→壊れてる?の無限ループ】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/09/20(水) 23:05:37.57 0.net
    パンドラ症状見せ始めてたのにまたあんなに倒されるって
    マジで鴨川会長って無能すぎじゃね
    新型なんて身につけるよりまずディフェンス磨けよ

    【はじめの一歩でまた一歩が倒されまくってるけど】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/08/09(水) 19:58:08.84 0.net
    内容理解できてないけど多分つまらないんだろうとは思う

    【進撃の巨人の話が訳分からなくてついていけない】の続きを読む

    このページのトップヘ