アニ漫まとめログ

アニメ、漫画などの伏線をまとめたサイトです。ネタバレも含まれているので、閲覧注意です。

    マガジン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: muffin ★ 2020/06/24(水) 13:04:49.33 ID:SHqyES1x9
    https://mantan-web.jp/article/20200623dog00m200018000c.html
    2020年06月23日

    「ヤンキー君とメガネちゃん」「山田くんと7人の魔女」などで知られる吉河美希さんのラブコメディーマンガ「カッコウの許嫁(いいなずけ)」(講談社)のコミックス第1巻が、5月15日の発売から4週連続で重版されたことが分かった。発売後、すぐに重版が決まるなど好調といい、4週連続重版達成は講談社では初めて。

     担当者は「つい先日、発売即重版で大喜びしたところだったのですが……。SNSでの反響も非常に多く、皆様の期待を感じて震えております!」とコメントを寄せている。

     「カッコウの許嫁」は、赤ちゃんのころに取り違えられ、今は名門私立に通う高校2年の海野凪が、これから婚約者に会いにいくという超お嬢様女子高生・天野エリカと偶然出会い、恋人のフリをしてくれと強引に頼まれてしまう。実は、エリカは凪と取り違えられた子供で、凪はエリカの婚約者だった……という展開。「週刊少年マガジン」(講談社)で1月に連載がスタート。コミックス第2巻発売が7月17日に発売される。

    https://storage.mantan-web.jp/images/2020/06/23/20200623dog00m200018000c/001_size8.jpg

    【週刊少年マガジン「# カッコウの許嫁」1巻絶好調、講談社初の4週連続重版で編集担当「期待を感じて震えております」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: muffin ★ 2020/06/17(水) 15:54:18 ID:Rj3VwwQM9.net
    https://mantan-web.jp/article/20200616dog00m200027000c.html
    2020年06月17日

    山本航暉さんの医療マンガ「ゴッドハンド輝(テル)」の約9年ぶりとなる新作「ゴッドハンド輝~沈黙のコロナ2020~」が、6月17日発売のマンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)第29号で連載がスタートした。4週にわたる短期集中連載で、世界中で猛威を振るうコロナウイルスと医師たちの決死の戦いを描く。

    「ゴッドハンド輝」は2001~11年に「週刊少年マガジン」で連載された医療マンガ。名医ぞろいの安田記念病院(ヴァルハラ)を舞台に、伝説の名医の息子で一度も患者の死に立ち会ったことがない“絶対的天運”の新人外科医・真東輝の活躍が描かれた。

    平岡祐太さん主演のドラマが2009年に放送された。

    https://storage.mantan-web.jp/images/2020/06/16/20200616dog00m200027000c/001_size8.jpg

    【少年マガジン『ゴッドハンド輝』9年ぶり新作「沈黙のコロナ2020」が短期集中連載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2020/06/07(日) 10:41:37.85 0
    「進撃の巨人」原作者の漫画家・諫山創(いさやま・はじめ)氏(33)が6日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜、後10・00)にリモート出演し、同作の完結について語った。
    同作は今秋にアニメの「-The Final Season」の放送が決定。原作コミックも完結することが伝えられている。

    実は、普段から「ひるおび」「Nスタ」を視聴しており、TBSラジオのリスナーでもあるため、同局の取材にも応じたという諫山氏。
    「進撃-」の完結が近づいていることには「『終わりたい』という気持ち。マラソンのゴール前の感じなんですかね」と正直な心境を明かした。

    「何が起こるか、主人公の行動、キャラクターの行動とかは何となく決まってるんです」とすでにストーリーの構想は完成していることも告白。
    一方で「そこで(キャラクターの)心情をどう描くかは、実際描いてみないと分からない。それが、どういう形の結末になるかが予想し切れないところで、不安と期待がある」
    と予想を裏切る展開の可能性も示唆した。

    完結の時期については明言しなかったが、「残り6%…いや5%とかですかね」と分量は明かした。
    現在、掲載の月刊誌「別冊少年マガジン」では129話まで進んでおり、単純計算では136話が最終回となることになる。
    順調に連載が進めば、2021年1月に当たるが、果たして…。「ちゃんと納得のいく形で終わりたいという感じです」と完走への思いを力強く語った。
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/06/07/0013404119.shtml

    【「進撃の巨人」原作者の漫画家・諫山創「終わりたいという気持ち。結末は何となく決まってる、完結まで残り5%ぐらい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/05/06(水) 15:16:25.39 ID:i/gMi9HQ9
    2020年05月06日 アニメ マンガ

    「真・中華一番!」に登場する大魔術熊猫麻婆豆腐の食品サンプル
    https://storage.mantan-web.jp/images/2020/05/05/20200505dog00m200004000c/001_size6.jpg


     小川悦司さんの人気料理マンガ「中華一番!」シリーズは、数々の斬新な料理でファンを魅了してきた。ネットでは、黄金炒飯、国士無双麺、レインボー粥、ギャラクシー麺などなどさまざまなメニューを再現しようとする猛者もいる。同シリーズを刊行する講談社から、MANTANWEB編集部に突如、「こんなの作ったんですけど……」と連絡があった。見せられたのは「真・中華一番!」に登場する大魔術熊猫麻婆豆腐の食品サンプルだった。大魔術熊猫麻婆豆腐は、白の豆腐と黒の豆腐がパンダのように見える麻婆(マーボー)豆腐。なぜ、食品サンプルを作ったのか? そもそもこの奇抜な料理の誕生秘話とは……。担当編集と作者の小川さんに聞いた。

     ◇味よりインパクト重視で暴走した系メニュー

     「中華一番!」は、1995年に「週刊少年マガジン」(講談社)で連載がスタート。その後、「真・中華一番!」とタイトルを変えて1999年まで連載された。19世紀・清朝末期の中国を舞台に驚異的な味覚を持つリュウ・マオシン(マオ)が料理対決を繰り広げる姿が描かれた。1997~98年にテレビアニメ「中華一番!」、2019年にテレビアニメ「真・中華一番!」が放送された。講談社のマンガアプリ「マガジンポケット」で新章「中華一番!極(きわみ)」が連載中。

     大魔術熊猫麻婆豆腐は「真・中華一番!」のコミックス第6巻に収録されている第46、47話に登場する料理。黒豆を使った黒い豆腐と白い豆腐がパンダのようにも見え、作中では「竹林で戯れるパンダのようにいとおしい」「何と可愛らしく楽しい料理」「世紀の大魔術だ!」などと絶賛される。作者の小川さんは「インパクト重視で暴走した系のメニュー」と明かす。

     「何かの料理雑誌で(日本料理だったと思うのですが)黒豆を使ったグレーの豆腐を見た時に、もっと黒い豆腐にして白い豆腐と強いコントラストで組み合わせ、麻婆豆腐にしたらインパクトがあると思ったのが始まりだったと思います。“白黒の四川料理”というところからパンダを連想し、そのイメージを重ねてトリッキーな出し方を追求したらああなったのだったと記憶しています。正直、実際の味よりインパクト重視で暴走した系のメニューです」

     大魔術熊猫麻婆豆腐のインパクトは絶大で、ネットではレシピを再現しようとするファンもいる。同シリーズ屈指の人気料理ではあるが、担当編集は「サンプルを作っておいて申し訳ないのですが、再現したことはありません。再現している方をインターネットで見つけた時は驚きました。マンガを読む限りおいしそうですが、実際のところは分かりません」と話す。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://mantan-web.jp/article/20200505dog00m200004000c.html

    【真・中華一番!:大魔術熊猫麻婆豆腐 誕生秘話 食品サンプルを作ってみたが…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2020/03/25(水) 11:21:54 ID:0nthL3B99.net
     テレビアニメ化もされた人気漫画『七つの大罪』(作:鈴木央)が、25日発売の『週刊少年マガジン』(講談社)17号で最終回を迎え、7年半の歴史に幕を下ろした。あわせて続編となる『黙示録の四騎士』(仮)が制作されることが発表され、ストーリーの詳細は不明だが、告知ページでは、ネームのようなものと「物語は、次の世代へー。」のキャッチコピーが描かれている。

     2012年10月より同誌で連載がスタートした同作は、“人と人ならざる種族が分かれていなかった古の時代”のブリタニアを舞台に、伝説の騎士団<七つの大罪>の団長で主人公・メリオダスとその仲間が、さまざまな強敵と戦う冒険ファンタジー。鈴木氏は「この物語は、私の大好きなアーサー王伝説の鈴木央的前日譚です!」とコミックス1巻で伝えており、今作、過去の作品でも「アーサー王伝説」の登場キャラクターの名前が使われている。

     コミックスは現在第40巻まで刊行され、累計発行3300万部を突破する人気作品。人気声優・梶裕貴主演でテレビアニメは3度放送(第1期14年10月~16年9月※SP版含む、第2期18年1月~6月、第3期19年10月~放送中)、乃木坂46が主題歌を務めた劇場版も18年8月に公開された。ゲーム化や乃木坂46の梅澤美波がヒロインとして出演した舞台も上演されている。

     最終回を迎えた同誌では、表紙&巻頭カラーを飾り、アニメ『七つの大罪』メインキャストを務めたメリオダス役の梶、エリザベス役の雨宮天、ホーク役の久野美咲、ディアンヌ役の悠木碧、バン役の鈴木達央、キング役の福山潤、ゴウセル役の高木裕平、マーリン役の坂本真綾、エスカノール役の杉田智和が完結を祝った。

     梶は「今はまだ、ぽっかりと胸に穴が開いてしまったような寂しさがあるのが正直なところです」と心境を明かしながら「すてきな物語をありがとうございました!メリオダスは、僕の一生の親友です」と伝えた。

     また、テレビアニメの新シリーズ『七つの大罪 憤怒の審判』の制作が決まり10月より放送、舞台『七つの大罪 The STAGE -裏切りの聖騎士長-』が6月に上演されることが発表された。

     作者の鈴木氏は1996年に『週刊少年ジャンプ』で開始したゴルフ漫画『ライジングインパクト』で連載デビュー。その後、数々の作品を連載し、12年から『七つの大罪』を『週刊少年マガジン』で連載をスタートさせ、14年に放送されたテレビアニメが自身初の映像化作品となった。15年に『七つの大罪』で第39回講談社漫画賞・少年部門を受賞している。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18015201/
    https://i.imgur.com/kYxJ8jB.png

    【『七つの大罪』完結するも続編の制作発表 “黙示録の四騎士”「物語は、次の世代へ」】の続きを読む

    このページのトップヘ