アニ漫まとめログ

アニメ、漫画などの伏線をまとめたサイトです。ネタバレも含まれているので、閲覧注意です。

    シティーハンター

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マロン派 ★ 2019/10/20(日) 17:31:21.76 ID:y2M8BQsH9.net
    フランス実写版『シティーハンター』冴羽リョウが来日!「夢が叶った」

    イケメン!主演&監督のフィリップ・ラショー
    https://img.cinematoday.jp/a/N0111765/_size_640x/_v_1571551591/main.jpg
    https://img.cinematoday.jp/a/N0111765/_size_640x/_v_1571551591/f.jpg

    北条司の人気漫画「シティーハンター」をフランスで実写映画化した『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』(11月29日公開)のデラックス吹替版完成披露イベントが20日、TOHOシネマズ日本橋にて行われ、主演&監督を務めるフィリップ・ラショーが来日。山寺宏一、沢城みゆき、神谷明、伊倉一恵という豪華声優陣を前に、シティーハンター愛を爆発させた。

    【動画】日本では吹き替え版で上映!予告編
    https://www.cinematoday.jp/video/VIYG-hOPyicPzU

    1980年生まれのラショー監督は、1990年代にテレビアニメで「シティーハンター」を知り「いつかフランスで実写化できたら」と夢を抱いていたという。これまで『世界の果てまでヒャッハー!』『真夜中のパリでヒャッハー!』などを手掛けてきたラショー監督は「両作品共にヒットをしてくれたおかげで、プロデューサーから『次は好きなものを撮ってもいいよ』という雰囲気を感じていました。それならばと思い、自分の夢を叶えたい」と本作の企画を出した。

    フランスで日本のコミックの実写映画化というのは、かなりハードルの高い企画だとラショー監督は振り返るが「2年かけて脚本を書き、北条先生に見せて許可をもらいました」と念願が叶った。

    会場は「シティーハンター」ファンが詰めかけ満員。客席を見渡したラショー監督は「小さいころからの夢が叶いました」と感無量な表情を浮かべると、両隣りに並んだ山寺と神谷を見つめ「アニメで長年、冴羽リョウの声を演じてきた神谷さんとご一緒でき、ブラッド・ピットの声も演じている山寺さんにわたしが演じた冴羽リョウの吹き替えをやっていただけるなんて、こんな光栄なことはありません」と感謝を述べる。

    神谷と、アニメ版でリョウの相棒・香の吹き替えを担当した伊倉は共に、本作では別のキャラクターに声を当てている。神谷は「シティーハンター愛が溢れている最高の作品だったので、どうしてもこの映画に参加したくなっちゃったんです」と出演理由を明かすと、伊倉も「あまりに作品が面白かったので、観終わった瞬間、神谷さんと北条さんに『最高だった』とLINEを入れたぐらい」とラショー監督版『シティーハンター』に太鼓判を押していた。(磯部正和)

    https://www.cinematoday.jp/news/N0111765

    【フランス実写版『シティーハンター』冴羽リョウが来日!「夢が叶った」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/20(日) 18:23:43 ID:k4DU/OcS9.net
    声優の山寺宏一、神谷明、フランス人の俳優・フィリップ・ラショー、漫画家・北条司氏が20日、都内で行われたフランスの実写映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』の記者会見に出席。
    主演で監督も務めたラショーは、主人公・冴羽リョウがアニメで発する「もっこり」の表現が、フランスでは別の言い方となっているため今回の実写映画で「もっこり」を伝えても観客の多くは「なんのことだろう?」と反応が今イチだったと明かした。

    『シティーハンター』は、東京・新宿を舞台に、殺し・ボディーガード・探偵等を請け負うスイーパー『シティーハンター』冴羽リョウの活躍を描くハードボイルドコメディー。
    華麗な銃の腕前を持ち裏の世界でNo.1と呼ばれる実力があるリョウだが、無類の女好きで、かわいい女の子を見ると「もっこりちゃん」などと表現。
    作中でも一種の下ネタ的な意味で表され、美女を前にしたリョウがさまざまなスケベを繰り出すときに口にする言葉であり、作品において「もっこり」は大事な言葉となっている。

    フランスでは『クラブ・ドロテ』(1987~97年)というテレビエンタメ番組の中で『NICKY LARSON』のタイトルでアニメが放送され大人気となり、
    今回の実写映画の監督&主演を務めたラショーは、この番組を観て『シティーハンター』が好きになったという。

    しかしこの番組は子ども向けのアニメなため日本で放送されていた表現に一部規制があったそうで「『北斗の拳』は暴力性が強く、『シティーハンター』はちょっとエロ過ぎるということで検閲されていた。
    なので、我々は検閲されていたバージョンを見ていた」。

    具体的には「殺人のシーンがあったとしても、カットされていたりした。ピストルで撃ったら次のシーンに行くので、見ている子どもとしては『何が起きているのか?』と戸惑いはありました」と話し、
    北条氏も「銃が当たるシーンは絶対にやってはいけないそうで。リョウが撃ったら、犯人がすぐに倒れるシーンに移り、当たるというシーンがないんです」と伝えた。

    「もっこり」のワードについても「フランスでは『もっこり』と言っていないんですよ。違う表現でしています。なのでテレビアニメだけしか『シティーハンター』を見ていない人は『もっこり』の表現は知らず、
    熱狂的なファンは『もっこり』が表現されている漫画を読んでいるので、劇中で出てくる『ミスターもっこり』に大ウケしていた。
    大半の方は『もっこりってなんだ?』という感じだと思います」
    とフランスのアニメでは“もっこり”は言わないため、フランスでは“もっこり”は通じないと明かした。

    そのため今回の劇中での“もっこり”表現は「『ミスターもっこり』のようなコアな方が反応するものや、『中くらい』『初めて』などの組み合わせが盛り込まれています」と工夫したという。
    フランスにおける“もっこり”事情を聞いたアニメ版でリョウ役を務めた神谷は「フランスで“もっこり”をどう表現しているのか興味があったのですが、スルーされていたことを初めて知ってちょっと残念です」と嘆いていた。

    また、北条氏は補足として「リョウのもっこりを絵的に表現しているのは漫画原作だけで、アニメではしていないんですよ」と明かすと会場は驚きの声が。
    さらに『シティーハンター』=もっこりのイメージがついて理由として「美女のことを『もっこりちゃん』と神谷さんが言い始めたものですから…」とイジると、
    神谷は「いや~、多分、台本に書いてあったから言ったんだと思うのですが…。そういうことにしていただけたら、うれしいのですが…」と苦笑いしていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17260662/
    2019年10月20日 15時45分 オリコン

    https://www.youtube.com/watch?v=NHKq8IOXPxA


    TM NETWORK 『Get Wild』

    【アニメ『シティーハンター』フランスでは規制あり “もっこり”使わず「違う表現」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:47の素敵な(茸)@\(^o^)/ (スプー Sdc8-ud2d)[sage] 投稿日:2016/06/03(金) 08:27:28.48 ID:1ewFL6Ied.net
    空飛ぶお尻のかすみ
    【シティーハンターの依頼人で誰が好きだった?】の続きを読む

    このページのトップヘ