アニ漫まとめログ

アニメ、漫画などの伏線をまとめたサイトです。ネタバレも含まれているので、閲覧注意です。

    アニメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2019/11/20(水) 18:17:43 ID:0.net
    シリーズの冊数を知って気が遠くなった
    すごい数出てて読破できるかわからない

    【西尾維新の化物語を一冊買ったんだけど】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/11/26(火) 19:46:57.62 ID:eJA04I6+9.net
    2019年11月26日 14:49

    「なかよしコラボカフェ」バナー
    https://pbs.twimg.com/media/EKRtPr5UcAAfZC9.jpg


    なかよし(講談社)の65周年を記念し、なかよし作品と東京・池袋のGraffArt CAFE(グラフアートカフェ)によるコラボイベントが、12月29日まで開催されている。


    「きんぎょ注意報!」グッズ
    https://pbs.twimg.com/media/EKRtP7rUYAElRPH.jpg


    1954年に創刊され、11月30日発売の2020年1月号で65周年を迎えるなかよし。「なかよしコラボカフェ」では現在、第2弾作品として手塚治虫「リボンの騎士」、猫部ねこ「きんぎょ注意報!」、秋元奈美「ミラクル☆ガールズ」、立川恵「怪盗セイント・テール」、水上航「夢見なサイキック!」、菊田みちよ「まもって!ロリポップ」をピックアップし、
    原作のイラストを使用したグッズが多数用意された。店内でフード・ドリンクを注文した人には、商品1点につき1枚コースターをランダムで配布。またセットメニューを注文すると、3枚のコースターがランダムでプレゼントされる。

    第2弾は12月15日まで実施。なお12月16日から12月29日までは、第3弾として川村美香「だぁ!だぁ!だぁ!」、コゲどんぼ「かみちゃまかりん」、PEACH-PIT「しゅごキャラ!」、美麻りん「シーク様とハーレムで。」、遠山えま「ヴァンパイア男子寮」、森下suu「わかメン ~The Mineral Boys~」がラインナップされる。

    この記事の画像(全11件)大きなサイズで表示
    https://natalie.mu/comic/news/357026

    「なかよしコラボカフェ」

    期間:2019年11月9日(土)~12月29日(日)
    時間:10:00~20:00
    会場:東京都 Graffart CAFE in 池袋

    第1弾作品(11月9日~11月24日)
    「わんころべえ」
    「おはよう!スパンク」
    「ワーキング娘。」
    「東京ミュウミュウ」
    「ぴちぴちピッチ」
    「はらぺこペンギンカフェ」

    第2弾(11月25日~12月15日)


    「リボンの騎士」
    「きんぎょ注意報!」
    「ミラクル☆ガールズ」
    「怪盗セイント・テール」
    「夢見なサイキック!」
    「まもって!ロリポップ」

    第3弾(12月16日~12月29日)
    「だぁ!だぁ!だぁ!」
    「かみちゃまかりん」
    「しゅごキャラ!」
    「シーク様とハーレムで。」
    「ヴァンパイア男子寮」
    「わかメン ~The Mineral Boys~」

    【なかよしコラボカフェ第2弾に「きんぎょ注意報!」「ミラクル☆ガールズ」など】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 牛丼 ★ 2019/11/27(水) 08:38:13 ID:FCOy+oWc9.net
    漫画家の藤子・F・不二雄さんの代表作で、12月1日に誕生50周年を迎える「ドラえもん」の6種類の第1話などを収録した「ドラえもん 0巻」(税込み770円)が、27日から全国で順次発売される。

     「ドラえもん」は、小学館の雑誌「よいこ」など6誌で1970年1月号(発売は69年12月)から連載がスタート。各誌の対象読者別に藤子さんが全て中身を描き分けており、6つの「第1話」が存在する。通常のコミックス第1巻には「小学四年生」版を加筆修正したものが掲載されているが、「0巻」では修正前のバージョンを含め、全てをほぼ当時のまま掲載。カラーページも当時の着色で再現している。

     各話は藤子さんの全集に収録はされているものの、「幻の第1話」を1冊にまとめたのは初めてとあって、今月8日に発売が告知されると予約が殺到。同社のコミックスでは史上初となる、発売前の2度の重版が決定した。

     担当編集の徳山雅記さんは「最初はドラえもんのしっぽの先が青色だったり、描いていく上で決まっていった設定などを見ることができます。新発見があると思いますし、ファンには楽しんでいただけるのでは」。同社では今後も「50周年記念」としてさまざまな企画を考えているという。

    https://hochi.news/articles/20191126-OHT1T50236.html?mode=photo&photoid=2
    https://hochi.news/articles/20191126-OHT1T50236.html

    【ドラえもん、誕生50周年記念で0巻「6種の第1話」を発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 牛丼 ★ 2019/11/26(火) 13:41:18.33 ID:tLtc+2VS9.net
    藤子・F・不二雄さんの人気漫画『ドラえもん』(小学館)の第1巻が、1974年の発売から45年にわたり、5.4ヶ月ペースで毎年重版されていることが26日、わかった。小学館本社で行われた、漫画『ドラえもん』コミックス0巻の発売記念の記者説明会で明かされた。

     1969年に小学館の6つの雑誌(『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』『小学二年生』『小学三年生』『小学四年生』)にて連載をスタートした『ドラえもん』は、22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット「ドラえもん」と、勉強もスポーツも苦手な小学生「野比のび太」が繰り広げる不思議な日常生活を描いた物語。

     ドラえもんのおなかにある四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」で、のび太を手助けしたりする姿が人気となり、テレビアニメが現在も放送中。漫画は藤子・F・不二雄さんが1996年に亡くなったため、同年で終了した。

     レーベル『てんとう虫コミックス』第1号作品としてコミックス第1巻が1974年8月から刊行がスタートしており、今年11月までの段階で246刷されている。来月には247刷されることも決まっており、小学館の『ドラえもん』担当者によると「『てんとう虫』コミックスが刊行されてから今年で45周年。247を45で割ると、大体5.4くらいになる。5.4ヶ月ごとに重版しており、雑誌のようなペースで重版をしています」と説明。

     「当時とほとんど変わらない姿で世の中に出続けているコミックスは、私は知りません。ほかの作品で装丁を変えながら今でも読まれているロングセラーは世の中にありますが、ほぼ45年間変わっていない単行本は珍しいと思います」と業界でも異例の作品になっていると明かした。

     96年までに全45巻を発売しているが、コミックス第1巻が圧倒的に売れており「小学館の中では刷り数と発行部数が一番多いです」と話した。

     なお、『ドラえもん』は各雑誌の対象読者別に描き分けられていたため、6種類の異なる第1話が存在している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00000336-oric-ent

    【『ドラえもん』第1巻、異例の45年間毎年重版 5.4ヶ月ペースで小学館作品の刷り数&発行部数1位】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/11/28(木) 16:05:11.86 ID:k1SE64eb9.net
    2019年11月28日 サマーウォーズ

    https://d1bxqgdk88uwr3.cloudfront.net/wp-content/uploads/2019/11/29004210/SW4DXposter.jpg

    スタジオ地図・細田守監督の初のオリジナル長編映画として2009年に公開された『サマーウォーズ』の4DX版が発表。2020年1月17日より全国公開される。

    現実の世界で巻き起こる事件、“仮想世界 OZ”の浮遊感、バトルシーンなどが、4DX
    でリアルに体感できる。4DX 版に合せ、劇中のアバターたちが勢ぞろいした 4DX 版ポスタービジュアルと予告編も公開された。

    https://youtu.be/YbGR4Y9-wyE



    ©2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

    【「サマーウォーズ4DX」4DX版が2020年1月17日より全国公開。映画公開から10年、ついに“仮想世界OZ”が体感できる】の続きを読む

    このページのトップヘ