アニ漫まとめログ

アニメ、漫画などの伏線をまとめたサイトです。ネタバレも含まれているので、閲覧注意です。

    進撃の巨人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2020/06/07(日) 10:41:37.85 0
    「進撃の巨人」原作者の漫画家・諫山創(いさやま・はじめ)氏(33)が6日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜、後10・00)にリモート出演し、同作の完結について語った。
    同作は今秋にアニメの「-The Final Season」の放送が決定。原作コミックも完結することが伝えられている。

    実は、普段から「ひるおび」「Nスタ」を視聴しており、TBSラジオのリスナーでもあるため、同局の取材にも応じたという諫山氏。
    「進撃-」の完結が近づいていることには「『終わりたい』という気持ち。マラソンのゴール前の感じなんですかね」と正直な心境を明かした。

    「何が起こるか、主人公の行動、キャラクターの行動とかは何となく決まってるんです」とすでにストーリーの構想は完成していることも告白。
    一方で「そこで(キャラクターの)心情をどう描くかは、実際描いてみないと分からない。それが、どういう形の結末になるかが予想し切れないところで、不安と期待がある」
    と予想を裏切る展開の可能性も示唆した。

    完結の時期については明言しなかったが、「残り6%…いや5%とかですかね」と分量は明かした。
    現在、掲載の月刊誌「別冊少年マガジン」では129話まで進んでおり、単純計算では136話が最終回となることになる。
    順調に連載が進めば、2021年1月に当たるが、果たして…。「ちゃんと納得のいく形で終わりたいという感じです」と完走への思いを力強く語った。
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/06/07/0013404119.shtml

    【「進撃の巨人」原作者の漫画家・諫山創「終わりたいという気持ち。結末は何となく決まってる、完結まで残り5%ぐらい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2019/12/25(水) 13:45:28.36 ID:SDg9QXUd9.net
    講談社は25日、漫画「進撃の巨人」(諫山創さん作)の紙の単行本と電子書籍の累計部数が全世界で1億部を超えたと発表した。12月現在で30巻まで発売している。

    「進撃の巨人」は巨人が支配する世界で、外の世界に憧れる主人公のエレンらが巨人と戦うダークファンタジー。テレビアニメにもなっており、米ハリウッドでの実写映画化も決まっているという。(共同)

    [2019年12月25日13時11分]
    https://www.nikkansports.com/general/news/201912250000246.html

    【「進撃の巨人」全世界で累計部数が1億部突破 現在30巻】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2019/07/04(木) 19:02:37.09 0.net
    エレン「駆逐してやる!!」「この世から・・・一匹残らず!!」
    https://pbs.twimg.com/media/DZxQ1H3UMAANeeN.jpg

    > 駆逐(くちく)の意味
    > 《名・ス他》敵するもの、邪魔するものを、追い払うこと。

    正しく言い換えると「追い払ってやる!!」「この世から・・・一匹残らず!!」というトンチンカンなセリフになってしまう

    恥ずかしいよねこれは

    【「進撃の巨人」の決めセリフが単語の誤用だと発覚して大恥!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2019/06/04(火) 21:56:30.64 0.net
    何となく5巻くらいまでは面白かったけど、その後つまらなくったと思いこんでた
    めちゃんこ面白いでやんの

    【進撃の巨人面白くてワロタwwwww完全に舐めてたわ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2019/06/04(火) 22:00:31.41 0.net
    大体わかるわ

    【進撃の巨人って読んだことないけどオチは「巨人が普通の人間で自分たちは小人だった!」て感じなんだろ?】の続きを読む

    このページのトップヘ