アニ漫まとめログ

アニメ、漫画などの伏線をまとめたサイトです。ネタバレも含まれているので、閲覧注意です。

    ロビン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    62 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい[sage] 投稿日:2014/02/21(金) 18:29:32.21 ID:NFKMjaGz0
    最近ロビンが過小評価されてるけどふと読み返してみれば
    初期のロビンって単身グランドラインを航海できるほどすごかったんだよな・・・
    【最近ロビンが過小評価されてるけど】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    35 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい[sage] 投稿日:2014/02/11(火) 23:46:40.56 ID:13vXSWmBO
    妖精がタバスコ食わすの失敗して
    ロビンが助けるかなにかして正体晒しておもちゃ化
    ウソップがロビンを助けるべくシュガーにタバスコの実を発射
    シュガーをとっさにかばったトレーボルの口にin

    トレーボルキレるウソップ涙目
    【妖精がタバスコ食わすの失敗して】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    722 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい[sage] 投稿日:2013/12/17(火) 22:05:17.74 ID:XAItt2UA0
    >タイトル「5人目」と「6人目」がない理由(チョッパーとロビン)

    チョッパーとロビンの悪魔の実の名称が違っているから。
    それぞれの実の真の名前が判った時に「5人目」「6人目」のタイトルが使われる

    >「56ゴム、110ヒト、87ハナ、43ヨミ、29ニキュ」を尾田がノーコメントにした意味はあるのか

    110と87がミスディレクションだから

    まず、チョッパー
    彼は「ヒトヒトの実」を食べたトナカイではなく、「トナトナ(107)の実」を食べた人間(赤ん坊)
    ランブルボールで悪魔の実を暴走させたチョッパーがトナカイ怪獣になることがそもそもおかしい
    ヒトヒトの能力が暴走したのなら、トナカイ成分は減るはず
    幼いゾオン系能力者がデフォルトで動物形態をとりがちなのはモモノスケの登場で強調された

    次にロビン
    「ハナハナの実」ってのはあくまで自己申告で、名前がキモい等の些細な理由で偽称している
    本当は「フヤフヤ(28)の実」ではないか
    腕などを増殖させる能力に「ハナ」と付ける方が違和感がある
    ウソップを「長鼻くん」と呼ぶことや、ロビン自身の鼻のラインなど、彼女は「はな」というワードに拘りがあるのでは

    したがって、
    「56ゴム、107トナ、28フヤ、43ヨミ」となり、余るのは1と9
    10人目は「クイクイの実」が登場するんじゃないかな
    【>タイトル「5人目」と「6人目」がない理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    578 名前:ワンピースの正体判明[] 投稿日:2013/07/11(木) 17:17:09.75 ID:Emm4E6SrO
    東の海の酒、西の海の酒、北の海の酒、南の海の酒
    すなわち裂け、裂け目
    ワンピースの正体はラフテルすなわち中心の裂け目
    すなわちラフテルの酒
    しかもその酒を飲むと空白の百年に迷い込めると言う代物
    それは夢か現実かみたいな話で、夢の中で空白の百年に行き戦い、目覚めると現代のラフテルに居た
    ナミ「…なんだ夢だったのね」
    ウソップ「夢ってお前も同じ夢見てたのか?」
    ロビン「…不思議ね」
    ルフィ「…いや夢なんかじゃない、見ろよ?」

    そこには荒れ果てた筈のラフテルに人々が住む村がありましたとさ
    終わり
    【ワンピースの正体は】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    398 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい[sage] 投稿日:2013/03/28(木) 17:02:03.47 ID:2434fm+tO
    てかルフィが思ってる仲間の定義って何なんだろうか
    最後まで乗船してないと仲間じゃないのかな
    チョッパーとロビンが○人目カウントされてないのはまだ役割果たしてないからって聞くけどなんか悲しいわ
    別にガンガン仲間にして好きに下船したり脱退しても良いと思うんだけど
    【ルフィが思ってる仲間の定義って】の続きを読む

    このページのトップヘ